ブログの移転

当ブログは引越ししました。
自動転送されない場合は、http://toshidenfu.blog.jpをご覧下さい。
スポンサーサイト

593 本当にあった怖い名無し sage2009/04/08(水) 13:22:01 ID:di5QVOKyOこれは裏世界の事ですね。 
今の世界と平行して存在してる世界。生物はいないけど我々の世界の影響を受けて存在している。 
 死後の世界の間なある幽世がありますが、幽世とこの世の間に存在する虚世界だろうと思います。 
 おっさんは幽世から監視している存在です。だから死んだ人がここに迷い込むと帰れません。 
帰れなかったってエピソードはもちろんない訳ですが、これはおっさんが幽世に連れて行ってんですね。 
普通間違えてここに来た場合は連れ返されます。 
ちなみにここは意識(魂)だけが存在して密接にこの世と関連はしています。行くには意識がここに飛ぶ作用を起こす事、時空の境界があいまいになっているタイミングや場所を合わせる事が出来れば行けます。 
行ったら向こうの世界の空気を吸うわけですが、あまりこの虚ろな空間の空気を長く吸うと帰れなくなります。 
向こうのものをこちらには持ちかえれないのです。 
だから決して食べ物を食べてはいけません。 


自分も一度だけ行きました。 
ここの人達と同じようにオロオロして、いい歳して泣いたり叫んだりしました。 
そして最後に思いついたのが仏間。 
おっさんがいました。 
さあ帰れよと言われそこで少し安心しておじさんに質問した結果分かった事です。 


数学はさっぱりだけど虚数と意識の世界だって事は分かりました。おっさんは意識だけの存在らしいですがそれは今も何が何だか分かりません。
595 本当にあった怖い名無し2009/04/09(木) 01:52:52 ID:AbA4EzRz0食べ物を食べたらいけないって言うのは妖精の国と同じだな 

というか 
>行くには意識がここに飛ぶ作用を起こす事 
ってことはこれは夢にも適応されるんだろうか? 

以前夢の中で基本的な景色は近所と同じなんだけど、そこにある筈の建物が 
色々間違っている世界で(例えば普通の民家がある場所に本屋があったり等) 
どうやったら帰れるんだと仕方なしに彷徨ってたら遠くの方に見覚えのある景色があって、 
何故か直感的にあそこに行ったら戻れると感じたんだが、そこにどうやって行けばいいのか道が判らず、 
再度近くをうろついてたら近くの港で漸く人(おっさん)を発見し、「そこに行くにはどういったらいいですか?」 
と聞いたらおっさんが道案内をかつて出てくれたので「じゃあお願いします」と道々話しながら 
(おっさん「どこから来たの?」自分「○○(地名)からです」等) 
おっさんについていったらその道に出る少し前におっさんがいなくなってて、あれ?と思ったら目が覚めたことがある 

目が覚めた後、普通に脳内で適当に建物等の記憶を構築した&このスレ見た影響かなと思ってたんだけど 
実は…だったら面白かったのに 

因みにおっさんは作業員ではなく漁師の格好でしたww
596 本当にあった怖い名無し2009/04/09(木) 03:28:20 ID:TAoFhMtbO意識が飛ぶ作用とは野球選手やスポーツ選手がゾーンと呼ばれる状態に陥る時に似ています。 
超集中ですな。 
または、 
全くの逆。意識が全て散逸して無の状態になる。禅に似てますが、こういう真っ白な状態になった時です。 
これが時空が捻れるタイミングで、そういう場所であれば起きる事がありますよ。 
ただ、場所もタイミングと一定ではありません。 
一定でないという事は狙っては出来ないと言う事です。 

山などで迷子になった子供を創造して下さい。 
まず混乱して帰り道を探します。素晴らしい集中をします。 
見つかりません。 
真っ白になりますわな。 
山はあの世に近いです。自然のエネルギーに溢れていています。風火水土木全て揃っています。太陽の力もあれば信仰としての対象にもなってます。 
山にいると時間の感覚が飛ぶ場合が多い。これは行ってる人は分かるはず。普段とまるで違うはず。 

時空のおっさんに会いたいならば、山がいいはずですよ。エレベーターなどよりずっと。 


意識はいつ生まれるのか

世界一かんたんに奇跡を体験する潜在意識の授業 [ 山田浩...



952 本当にあった怖い名無し sage2009/07/26(日) 05:20:47 ID:cehgR/c/0今から20年くらい前の話なんだが、小学生の2年か3年生の時に不思議な体験をした。 
夏休みだったか普通の日曜日だったかは覚えていないが、とにかくものすごく暑い日の昼だった。 
弟と一緒に近所の川へ魚を捕りに行こうと、川へと抜ける林を歩いていた時、突然に弟が消えた。 
弟はすぐ後ろについて歩いていてガサガサという足音も聞こえていたのだが、突然に足音が消えたのに気づいて振り返ったが弟がいない。 
しばらく立ち止まって待っていても全く気配がないので、弟の名前を呼びながら来た道を走りながら戻ったんだが、林を抜けた時、状況が理解できなくてパニックになった。 
林の入り口の田んぼのあぜ道に置いてあったはずの自転車が無くなってて、そして景色がおかしかった。
あぜ道を200mくらい戻ったところにあるはずの市道からのわき道のところに見たことがない小屋があって、何よりも遠景に見えるはずの屋根やら電柱が見えず草が生い茂っていて殺風景な風景だった。 
怖くてしょうがなくて、とにかくめちゃくちゃに全力疾走で自分の家の方向へ走っていたのだが、小屋の前あたりで 
オイッ!!という大人の声が後ろから聞こえ、びっくりして振り返ろうとした拍子につまづいて転んでしまった。 
転んだまま振り返ると弟が泣きながら走ってきていて、気がつくと周りもいつもの景色に戻っていた。
弟は泣いているばかりで、どこにいたのか聞いても答えてくれなかった。弟を自転車に乗せて家に帰りながら、お母さんに怒られるから川へ行ったことは秘密にしておくこと、もう川へは絶対に近寄らないようにしようと言い聞かせた。 
それから何週間かたったとき、弟がその日の話をし始めた。 
お兄ちゃんがいなくなったので、走って探していると帽子をかぶったおっちゃんがお兄ちゃんがいると教えてくれたらしい。 
帽子はどんなのだったと聞くと、手を頭の前後に動かしてたのだが、どんな帽子かよくわからなかった。 
弟は網の帽子(?)と言っていた。 




あなたは、あなたの状態に合った正しい育毛剤を選んでいますか?
804 本当にあった怖い名無しsage New! 2013/07/14(日) 16:03:18.36 ID:8DsENZCI0オッサンじゃないけど時空というか別の場所?に行った体験を書きます 

深夜に弁当屋でバイトしてるんだけど仕事中(深夜3時ぐらい)停電になった 
前も停電になったことあるから、またかって思いながら電気付くのを待ってた 
当然だけど外も真っ暗。で、段々外の信号とかライトが付き始めたけど何故か色が全部黄色 
え?何コレ?って思ってたら店の中も電気が付いたので一安心。続きます 

805 本当にあった怖い名無しsage New! 2013/07/14(日) 16:09:17.20 ID:8DsENZCI0そういやもう一人のバイトの後輩いないなって思ってホールを見た 
ホールってのは惣菜を置いてある場所でガラス張り(そこから外の黄色いライトが見えた) 
ホールは誰もいないのに何か誰かいる気配がする。正直超怖かった 
そしたら客が来た。客は普通のスーツ着たおじさん。客は惣菜買って行った 
でもスーツの客もホールできょろきょろ辺りを見回してて変な感じ 
暫くしたら外の黄色いライトが普段見る信号やネオンの色に変わってった。続きます 

806 本当にあった怖い名無しsage New! 2013/07/14(日) 16:15:50.49 ID:8DsENZCI0変な雰囲気もライトと一緒に戻ってた。凄いホッとした 
そしたら裏口からガタッて音がして超ビビッったw見に行ったらもう一人のバイト 
「あれどこ行ってたの?」「ゴミ捨ててましたよ」 
ん?ゴミ捨てるのに何分もかからないだろって不思議に思って 
停電があったこと、外のライトが一面黄色になったことを言っても 
そんなことなかった、寝ぼけてたんじゃないの?って言われた 
いやだって接客もしたし時間は5分は経ってるはずだし…と気になって 
レジの履歴を見たら確かに3時に客が1人来店になってる
何となくだけどあの停電になってライトが黄色になった時間だけ 
店だけ別の次元?に移動してたのかな…とこのスレ読んで思った 
微妙にスレ違い気味で申し訳ありません。読んでくれてありがとうございました 


145 本当にあった怖い名無し2009/10/24(土) 16:34:08 ID:Da/RP6xO0最近、時空のおっさんの話を知り、おっさんには会いませんでしたが確実に時間が 
おかしかった事があったので書きます。 

数年前の事です。義母と義理の弟がうちに来ることになり、実家に電話をすると 
「じゃぁ今から出るから」といわれ電話を切ってすぐ、私はお菓子を買いに出ました。 
出てすぐの道を向かいから車がゆっくりやってきたのですが、乗っていたのは 
義母と弟で、ずいぶんはやいな、と思いつつフロントガラスの前に身をのりだすようにして 
笑顔で手を振ったんです。車は今にも止まりそうなノロノロ運転だったので 
目の前で手を振る私に気づかないハズがないのに、二人は無表情で前を見たままで 
全く私が見えていないようでした。 
振り返るとマンション前で止まりそうな感じだったので「急いで買って帰ろう」と近くのスーパーへ 
走りました。(文章がヘタですみませんw) 










146 本当にあった怖い名無し2009/10/24(土) 16:46:46 ID:Da/RP6xO0続きです。 
帰るとまだ来ていなくて「アレ?まだ来てないの?出るときに下で見かけたよ」と彼にいうと 
「あー初めてだから道に迷ってるのかな」といい、それから20分位して来ました。 
「迷われたんですか」と言うと「え?まっすぐにきたよ」といったんです。 

後で気づいたのですが、彼に実家と私達のマンションは早くても車で15分はかかる距離なのに 
電話を切ってすぐに下にいる訳ないんですよね。 
携帯ならまだしも、実家にかけて義母と話したすぐ後でしたし。 
それに、ノロノロと止まりかけてる車の前に身を乗り出して手を振ったにも関わらず 
チラッともこちらを見なかったのも奇妙でした。 
今でもあの時の、張り付いたような無表情な二人の顔がやきついています。 
少し怖い体験でしたが、皆さんの体験を見て書きたくなりました。 
長文、失礼致しました。 




931 本当にあった怖い名無し sage 2009/07/18(土) 18:12:25ID:QFG7ihxT0子供の頃の不思議体験 4 
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1231520224/

768 :思いで1/3:2009/07/18(土) 12:02:19 ID:Bcrzt4dG0 
急に思い出したのでカキコ。 

小学生低学年の時、けっこういじめられるのに遊んでる 
高学年二人組(女子)がいた。 
その二人はけっこう悪い子で、人んちに勝手に入ったり、 
自分がいじめてる奴らに万引きさせて喜んでるような子らだった。 

夏休みに入ったばかりの暑い日に、その二人に遊びに誘われて 
嫌々ながらついていくと公民館(?)みたいなところに入ろうと言い出した。 
扉は開いていて、職員が事務所にいるのが見えた。 
多分そこは子供が勝手にはいっていい場所でなく、許可取って会議室なんかを 
借りるところだったと大人になった今ならわかる。 
それでも、二人が先に入っていったので、私もしかたなくそこに忍び入り、 
置いている備品(ホワイトボードとか)を壊したりして遊んだ。 

私は臆病だったので、人が来やしないかとびびりまくってた。 

932 本当にあった怖い名無し sage 2009/07/18(土) 18:13:24ID:QFG7ihxT0769 :思いで2/3:2009/07/18(土) 12:44:47 ID:Bcrzt4dG0 
二人が急に「かくれんぼしよ~」と言い出して、 
いつもなら絶対鬼にされるのに、隠れる側に回された。 

私は、遊んでいた会議室の隣の小ホールみたいなところの緞帳の中に隠れた。 
夏の暑い時期だったので、緞帳の中は風が通らず、めちゃくちゃ暑かった。 
鬼役の「もういいか~い」が聞こえたが、私は声を出すと大人が来るのでは 
と思い、返事ができなかった。 

しばらく鬼役が探しに来るのを待ったいたが、いっこうに探しに来ない。 
二人にいじめられていた私は、すぐに(これは放置だな)と感じ、 
緞帳から出た。辺りからは何の気配もせず、蝉の声もなぜか途絶えていた。 

びびってたのが急に怖い気持ちに変わって、私は元いた会議室に戻った。 
案の定、二人はおらず、私は泣きたいのを我慢して「○○ちゃ~ん、××ちゃ~ん」と声に出して二人を呼んだ。 
そこで怖さで忘れていた(人が来るかも)というのを思い出して、私は会議室から走って逃げた。 

その会議室は2階にあり、さっき事務員の人を見た事務所は階段を降りて 
すぐ右手にあったのだけど、そのドアからは誰も姿が見えなかった。 
私は見つかるかも、と思いながらもなぜか事務所の中を覗きにいった。 

中を覗くと誰もいなかった。 
扇風機が回ってて、電気もついてて、確かにさっきまで誰か居たはずの 
雰囲気が漂っているのに、事務所はもぬけの空。 
昔のコピー機のブルーコピーもまだ濡れてるみたいな紙があった。 

933 本当にあった怖い名無し sage 2009/07/18(土) 18:14:28ID:QFG7ihxT0770 :思いで3/3:2009/07/18(土) 13:08:08 ID:Bcrzt4dG0 
外に出ると夏の日差しがめちゃめちゃ強いのに、何故か暗いような感覚を覚えた。 
公民館の前の道路は田舎とはいえ、普段は車がけっこう通っているのに、 
全く車も、人も通っていなかった。 
私はもう一度、遊んでいた二人の名前を呼んでみたが、声がどこかに吸い込まれて 
いるように通らず、私の声以外も何の音もしていなかった。 

私は家へ帰ろうと思った。 
不安なのと怖いのとで本当は走ってしまいたかったが、 
何故か走るのはよくない気がして無理矢理歩いて帰った。 
その間も誰にも会わず、よく知った通学路がまるで表面だけ似ている 
別の場所に思えた。(ちなみに、その公民館は学校の近くにありました。) 

934 本当にあった怖い名無し sage 2009/07/18(土) 18:15:38ID:QFG7ihxT0771 :思いで4/3:2009/07/18(土) 13:09:55 ID:Bcrzt4dG0 
3つで書き込めるかと思ったのに、無理だった。。 
ごめん追加。 

その通学路に、田んぼがずーと続く場所があるのだけど、 
その田んぼの畦におじさんが一人農作業をしているのを見つけた。 
私はやっと人に会えたことでほっとし、気が楽になった。 
50mくらい近づいたところで、おじさんがふと、私に気がついた。 

おじさんは急に作業を止めて道路まで出てくると、初対面の私に、 
「いやぁー、あんたこんなところで何してんの」と聞いた。 
私は気が楽になっていたので、特に何も考えず、家に帰るんです、と 
答えた。おじさんは、ちょっと笑って「あーそれなら良かったわ、 
こんなところに小学生が来るのは良くないから」と言った。 
私は、さよなら、といっておじさんと別れた。 

その後、家に帰りつくまで誰とも会わなかった。 

次の日、また例の二人が家に迎えに来て、いきなり頭をなぐられた。 
なんで、と聞くと勝手に一人で帰って遊んで欲しくないなら、最初から 
そう言えと二人してすごまれた。 
勝手に帰ったのはそっちやろ、と口ごたえしてまたしばかれた。 

さっき書きましたが、おじさんと会った場所は通学路です。 
その時は何も感じませんでしたが、小学生がこんなところに、というのは 
今考えると、ちょっと変な感じがします。 


長文ですいません。 
今までずっとそんなことがあったのを忘れていたのに、 
急に今年の今になって思い出すのは何かの予兆だろうか。ちょっと怖い。 


 時空のゆがみとブラックホール

サイコメトラー

4 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/10/06 18:22 
美術関係の大学行ってた時、そこに霊感の強いって言う教授がいたんだけど、 
生徒が書いてくる絵を見てサイコメトラーみたいな事がたまに出来ちゃうらしい。 

んで、提出された絵を見てるときに1枚どうしても気になる絵があったらしくて、 
胸騒ぎを感じでその子に電話をしてもつながらず、夜まで考えた末に 
親御さんに電話をしたところ自殺未遂やらかしてたらしい。 

後で聞いて見ると、ちょうどリストカットしたときに携帯電話に何度も電話が入ってて 
電話に出ない親御さんが気になって部屋に見に言ったときに発見。 
その何度も携帯に電話を掛けてたのが、その教授だったとか。 
本人は偶然とか言ってたけど、たまに事故に遭いそうだなとか直感的に 
思った絵を書いた作者の生徒が、本当に事故に遭ったりと言うような事がたまにあるとか。 


大学のときに、その教授に聞いた話だけど、 
こんな感じの話でもOK?? 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。