上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
知っている人も多いと思うが、個人的に非常に興味深い話なので紹介します。





ジョン・タイター(英: John Titor)

2000年にインターネット上に現れた、2036年からやっ てきたタイムトラベラーを自称する男性である。
自分を1998年生まれだとした。

タイムマシン

タイターの説明によれば、彼の使用したタイムマ シンは、たとえばタイムマシンを題材にしたウェ ルズの同名小説に出てくる機械のような、いわゆ る乗り物ではなく、重力制御装置であるという。

しかし、タイムトラベルにはその装置を乗用車に 設置して車ごと時間移動することや、分かりやす さなどを考慮してタイムマシンと呼んでいる。

タイムマシンは2034年に欧州原子核研究機構 (CERN)により試作1号機が実用化され 、タイターが使用するものは正式名称「C204型重力歪曲 時間転移装置 」で、開発はゼネラル・エレクトリック社が行ったという。

タイムトラベルの方法は以下に示す通りである。

1. タイムマシンに目的の年月日時刻の座標を入力 し、始動させる。

2. 重力場が形成され、搭乗者の身体を包む。搭乗 者はエレベーターの上昇中のような感覚が継続す る。

3. 装置が加速するにつれて周囲の光が屈曲し、一 定まで達すると紫外線が爆発的に放射されるため サングラスが必須になる。

4. その後、周囲が次第に暗くなっていき、完全に 真っ暗になる。

5. 景色が元に戻り、タイムトラベルが完了する。
フルパワー駆動で約10年間飛ぶのに、およそ1時 間程かかるとされる。
タイムトラベルが可能な範囲は、タイターの使用したタイムマシンでは約60年であり、それ以上の過去や未来に行こうとすると、世界線(世界)のズレが大きすぎて全く異なる世界にたどり着いてしまうという。

それはつまり、我々が現在知ることの出来る歴史とはかけ離れた歴史を持った世界へ到着してしまうということである。
(60年以内の移動であっても誤差といえる程度の世界線のずれが生じるためタイムトラベルのたびに「限りなく似通ったパラレルワールド」に移動していることになる)

銀河系も太陽系もかなりの速度で宇宙空間を移動 しているため、たとえ30年前の過去へタイムトラ ベルが成功したとしても、そこには地球はなく、 宇宙空間に投げ出されてしまうと思われる。

この疑問について、タイターは技術的に最も困難な部 分であると語っている。
タイターの説明によると、現在地における重力の正確な測定を行うことによって、地球上での空間座標を特定しているとのこと。

その空間座標はタイムトラベル中、VGL(可変重力ロック)という装置によって一定に保たれており、時計(タイターの乗るタイムマシンではセシウム時計4個)の発信周波数を基に、Bordaと呼ばれるエラー修正プロトコルを用いて制御されていると述べている。

前述したように、この装置では60年間のタイムトラベルが限界で、それ以上はVGLを使用しても異なる空間座標に到着する可能性が高い。

タイムトラベルは、それを客観的に観測している 人間にとっては、一瞬のうちに終わっているよう に見える(つまり、タイムトラベラーがタイムマ シンを作動させた瞬間にもとの世界に戻ってきて いるように見える。

たとえタイターがこの世界線において2年もの月日を過ごしていたとしても変わらない)。
しかしこれは、あくまでタイムトラベルを(マシンを積んだ乗り物を移動させず)同じ空間座標で行った場合である。

タイムトラベル後、元の世界線へと戻るときにマシンを作動させた空間座標が最初の座標と違う場合、観測者にとっては、その場にあったタイムマシン(とそれを積んだ乗り物)が一瞬にして消え、別の場所に一瞬にして現れるという風に見えるという。

Wikipediaより引用




タイターが公開したタイムマシンの図
関連記事
スポンサーサイト

コメント - 0

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。