上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイターの使命


ジョン・タイターは、IBM 5100の入手が、
過去へ来た目的であると語っている。
彼自身が 「祖父がIBM 5100の開発に携わっていたため」 と書きこんでいる。

IBM 5100には、マニュアルにはないコンピュータ言語の翻訳機能があることが2036年にわかったという。
彼の使命は、後に迫っている2038年問題に対応するためのものであり、過去から受け継いだコンピュータプログラムをデバッグするためにIBM5100が必要なのだという。

実際のところ、IBM5100は、内部でSystem/370のエミュレーションをおこなっており、メインフレーム上のプログラムのデバッグに使用できる機能がある。

また、我々の世界線においては、2000年問題への対策を通じて2038年問題を解決する方法も既に明らかになっており、システムメンテナンスによって大きな問題は起こらないと考えられている (詳しくは2038年問題の項を参照)。

また、重要なのはIBM 5100を持ちかえること、 1975年である人物に会う事であるとも発言して いる 。

Wikipediaより

関連記事
スポンサーサイト

コメント - 0

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。