上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
948 名前: 1/2 04/02/16 01:14 
あんまり大した話でなくてすいません…。 
読んでいただけたら幸いです。 


私の祖父の話です。 

祖父は私が小学校3年生の時に亡くなりました。 
無口だけどとても優しい人で、当時家で飼っていた真っ白い猫を 
それは可愛がっていました。 
祖父は70歳まで働いていて、体格もよく丈夫な人だったのですが、 
年齢のために仕事を辞めてからすぐに、不治の病に倒れてしまいました。 
しばらくは自宅での療養を続けていましたが、ある日突然に発作を起こし、 
帰らぬ人となってしまったのです。 

葬儀の日の朝。 
早い時間から親戚たちも集まり、家中が慌ただしい雰囲気になっていた時です。
幼かった私は暇を持て余してしまい、祭壇のしつらえてある部屋に入りました。

949 名前: 2/2 04/02/16 01:16 
祭壇の周りには大勢の大人がいて、葬儀の準備をしています。 
そこに飼い猫がやってきました。 
親戚の一人が猫に向かって「おじいちゃんが死んじゃったんだよ」と言いました。 
すると猫は祭壇を見上げ、しばらく周りをぐるぐると歩いた後、祭壇の裏側に 
入ってしまったのです。 
私の母や祖母が声をかけても、出てこようとしません。 
いつもは家族以外の人がいると逃げるのに、その時だけ、 
おじいちゃんの祭壇の下でじっとしたまま、動こうとしないのです。 
皆、「おじいちゃんがいなくなっちゃったことが分かるんだね」と言いました。

今はその猫も亡くなり、私も社会人になりました。 
おじいちゃん、チル、見守っててくれたら嬉しいな。





犬や猫の病気を助けたい
関連記事
スポンサーサイト

コメント - 0

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。