上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

783 本当にあった怖い名無し sage2009/05/31(日) 13:19:07 ID:dybmfSEk0十二年くらい前、夏休みで母と鹿児島の祖母の家にきた時の事。 
昼食のあと、母も祖母もどこかへ行ってしまったらしく、見当たらない。 
「その内帰ってくるだろう」と思って寝ることにした。 
しばらくして、砂利を歩く足音が聞こえたので「帰ってきたのか」と思い、起き上がると 
何故か自分は亡くなった祖父の家にいた。 
(祖父の家は数件離れた所にある、今でも風呂や冷蔵庫用に使っている) 
歩いてやってきたのは20代の女の人、何故か週刊少年ジャンプをくれた。 
お礼を言うと、「バイバイ」と言って道の方じゃなくて反対側にある堤防の方へ歩いていった。 
何で自分はこんな所にいるんだろう、と我に返り 
サンダルがなくて、熱いけど堤防沿いを走って帰る事にした。 
さっきの女の人は既に居なかった、家の裏を出てから 
すぐ正面は海で、堤防が左右に広がっているので 
まだ歩いていると思ったのに。 
帰ってくると何事もなく母は寝ていて、祖母は座ってテレビを見ていた。 

貰った週刊少年ジャンプなんだけど 
アイシールド21と無頼面て漫画が載ってた 
数年後にアイシールド21が新連載されていて驚いた 
自分が見たのは読みきり時の物だった、と考える事にしている。
786 本当にあった怖い名無し sage2009/05/31(日) 18:58:46 ID:zk8DN0iA0>>783 
家のどこで寝て、祖父の家のどこで目が覚めた? 
その女の人はどうやって家に入ってきた? 
何も言わず突然にジャンプを差し出したのか? 
どういう姿だったか覚えてないか? 
時間経過は? 戻ったり進んだりは? 

時空パトロール中にさぼって読んでいたのをくれたんだろうか?? 
謎だ・・・。 

787 本当にあった怖い名無し sage2009/05/31(日) 21:08:28 ID:zIGwgTZ90しかし今ブレーメンとアイシールドは被って連載されてないことを発見してしまった… 
『無頼男-ブレーメン-』(ブレーメン)は、「週刊少年ジャンプ」で、2000年2号から2001年41号まで連載 
アイシールドの読みきりは『週刊少年ジャンプ』2002年14号・15号に前後編で掲載(連載はその後) 

788 本当にあった怖い名無し sage2009/05/31(日) 22:13:19 ID:BlBAYQFP0その本が残っていれば・・・ 

789 783 sage 2009/05/31(日) 23:04:54ID:Q9o6RDY+0>>786 
祖母の家の中央、居間で寝ていた。 
起きたのは祖父の家の東の端にある部屋 
東側と北側にある窓は開けてあった 
女の人は北側の窓に歩いてきて、そこで貰った。 
祖母の家でも居間の窓に人がやってきて、お婆さんがお話にきたり 
お菓子とかくれる時があったので、そんなに驚かなかった。 
何か言っていたような気がするけど覚えてない。 
「バイバイ」は普通に言ってた、方言とかもなかった。 
姿は髪を結んでいて、すごく軽い服装。 まぁ暑いし当然か。 
時間の経過はわからない、戻ってきても何も言われなかったから 
そんなに時間は経ってないはず。 

>>787 
まじで? 
とりあえず自分の体験は以上。 

関連記事
スポンサーサイト

コメント - 1

-  2015, 04. 21 (Tue) 12:12

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

編集 | 返信 |  

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。