上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/08/09(木) 18:00:26 ID:8/9N7bIH0

流れ豚切りすまんです。 このスレなら聞いてくれる人がいそうだから少し私の体験談書いてみます。

中学2年の時転校して来たAちゃんという子と仲良くなって、 ほぼ毎日つるんでました。
Aちゃんはお姉さんと父親の父子家庭で、父親はちょっとあっち方面(小指が無い方面)の人で、Aちゃんちはいっつも怪しげなおっさんが出入りしてました。

それでもAちゃん自身や父親、その怪しげなおっさん達も基本的には明るく面白い人達で、毎日Aちゃんちに行っては麻雀とか子供っぽくない遊び(私らは子供なので金は賭けてません)で盛り上がっていました。

それで帰りも遅い私を私の母は心配していたみたいですが、子供の私はうざく思っていました。

そんなある日見かねた母が車でAちゃんちまで私を迎えに来たんです。
私はA ちゃんちの玄関先で母と口論になり、母を追い返しました。

その後の事でした。母が事故を起こして死んだのは。 私は死ぬ程後悔して葬式の間中息つく暇も無い位泣き続けてました。

歳の離 れたまだ甘えん坊の弟はずっとおばあちゃんにしがみついて泣き暮れ、姉には「お前のせいで」 と責めたてられ、しばらくは生き地獄な毎日でした。

それでも一ヶ月程経つ頃には立ち直り、A ちゃんとも距離を取るようになり、父に男手一つで育てられ、高校卒業後就職、上京を果たしまし た。そして20歳頃の事です。

続く

2007/08/09(木) 18:01:42 ID:8/9N7bIH0

続き

私は通勤中に事故に遭い、 しばらく意識不明の重態に陥りました。意識を取り戻した直後はしばらく軽度の記憶障害(一時的な記憶喪失)を患っていたのですが、
不思議な事が起こったんです。 母は生きていました。それどころか母は事故に遭った事もなく、母が死んだと思われていた間、つまり中学2年~今までの母との記憶もあります。

Aちゃんは実在しますが、 仲良くなって毎日遊んだ、という事実もありませんでした。(当時の同級生に確認済み)現在26歳になりますが、今も事故に遭う前の記憶も母と過ごした記憶もどちらも鮮明で、Aちゃんと仲良くなった事と母が死んだ記憶がなんなのか判りません。

この話をしたら皆に気味悪がられました…。念の為その後脳外科や心療内科にも行ってみましたが 原因は不明でした。あの記憶は一体なんなのか…。
それで一時期「どこかのタ イミングで何かの拍子に過去に戻って過去を変えてきた!?」なんて真剣に考えた事もありますw
まあ現実的に考えて事故った時に発症した記憶障害の名残だとは思うんですが…

一つ不思議な事があるとしたら、Aちゃんと仲良くなってなければ覚えられる筈の無かった麻雀の知識が今でもある事です。
ちなみに、事実として残ってる記憶の方の人生では麻雀に携わった事は殆どありません。

このスレや時間旅行系のスレに何かヒントがあるのかも、と思って書いてみましたが長々とすいませんでした。読んでくれた方ありがとうございます。

名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2007/08/09(木) 18:45:55 ID:8/9N7bIH0

レス下さった方ありがとうございます。 >でもこういう事意外とあるよね。意外とあるもんなんですか? 5、6歳頃母方の祖父が亡くなった時、火葬場で母と二人で座ってた時の事。

火葬場の休憩所(?)の天井に格子(排気口か何か?)から焼け爛れた人がこっちを見下ろしてて 幼心に「焼かれた人はあそこに置いておくのかな?」なんて冷静に考えてた記憶があって、 (勿論今考えるとありえないし、思い出すとガクブル)その時着てた服とかは鮮明に覚えていたから小さい頃はそういうものが見えてたのかな、 なんてふと思って母に話したら、そもそも私を火葬場になんか 連れていってない、と言われて「???」と思った事がるけど、良く考えた らその前後の事は良く覚えてないから小さい頃見た夢と記憶が混同したんだな、って事はあった。
こんな記憶違いなら多少はあるけど本当に小さい頃の事ならまだしも、物心ついた中学生以降はあんまりありえないと思うんだけど…

>>312 面白いと言って頂けてありがたいような複雑な心境w
実際二つの人生の記憶があるって気持ち悪いっすよ。
パラレルワールドも考えたけど…基本現実主義なんでこんがらがる一方ですわ。
ちなみに覚えてる限り政治や社会情勢なんかはどっちの記憶も全く同じです。勿論実際にあった事と一致しています。

↓都市伝説もっと探す↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 都市伝説へ
関連記事
スポンサーサイト

コメント - 0

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。