上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




俺が大学生の頃の話。 学校の近くの寮に住んでた俺ある日の朝、電話の音で目覚めた
受話器をとると、

「誰やお前!?なんででるねん!」の声。

ちなみに俺は大阪在住。学校も大阪。
びっくりして何か言いかえそうとしたら、既に電話は切れていた。で、変な電話だなあと思いつつも起床して学校へ行った。

夕方

その日はサークルの飲み会があって、皆とバス停で待ち合わせ。
しかし誰もこない。携帯電話を持ってない俺は誰とも連絡がとれず、家の留守電に何かメッセージが入ってないか確認しようと思い、公衆電話から家にかけてみた。

すると、受話器をとる音が。誰も居ないはずなのに。

驚いた俺は 「誰やお前!?なんででるねん!」 と叫んでいた…

俺の言いたい事、わかってもらえるでしょうか? 説明のつく事象なんですかね?

↓都市伝説もっと探す↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 都市伝説へ
関連記事
スポンサーサイト

コメント - 0

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。