上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時空のおっさん27

2008/12/09(火) 00:07:30

友人(30代男)が数年前、仕事でアメリカに2週間だか3週間位滞在することになり、(実際には観光も兼ねて数日休みも入れての日程)ウィークリーマンション?みたいな所に滞在した時の話。

大分慣れてきたある夜、目を覚ますと、部屋の様子が違う。
「やっべ、酔って違う部屋に来た」
と思った友人は窓の外を見てびっくり。

見たことのない街 (でも英語の看板とかあったからアメリカには違いなかったらしい)
場所も間違えたと思い、部屋を出ようとしたら、ドアを開けた目の前に、掃除道具を持った黒人のおっさんが立っていたそうです。

2008/12/09(火) 00:17:36

友人はその掃除のおっさんに、部屋を間違えたから帰る旨を伝えたらしいのですが、そのおっさんは首を振って

「○○(友人の名前)だろ?絶対に部屋を出るな。あとは何とかなるよ。いい夢でも見てろ」

と言われ、ドアを閉められたので、仕方なくそのまま部屋にいたそうです。
その部屋は枕元の豆電球みたいなのしかなく、いつの間にか寝たらしく、起きたら元の部屋に戻っていました。

そしてよく考えたら、昨夜はお酒は一滴も飲んでおらず、真面目に仕事してまっすぐ帰ってきて、ロビーで郵便を受け取ったからマンションを間違えるはずがない、と思い当たったそうです。

2008/12/09(火) 00:25:41

夢でも見たのかと思い、マンションを出ると、昨日とは違う掃除のおっさんに

「昨夜は黒いのがそっちに行っただろ?」

と言われて、はい、と答えると、どういうやり取りをしたかの質問攻めにあったそうです。

友人はこの時に見た街の風景が生涯忘れられない、と言って当てはまる街の風景を探しているのですが、未だに見つからないそうです。

絶対に夢じゃない、おっさんの声も覚えている、未だに不思議で仕方がないと言ってます。

聞いた話の「だそうです」ばかりで申し訳ないですが… (しかも私は最初完全に寝ぼけてると決めつけてあまり真面目に聞いてなかったし…)

話はこれだけです。 本人は今もまたアメリカにいるので、後日談とか聞ければよいのですが。

2008/12/09(火) 00:33:16

つまらなくてすみません。 でも明らかに部屋がまったく違ってて、窓の外の風景も「勘違い」レベルでは説明がつかないほど違ってたらしいです。

図解入りで説明されたんですが、聞いたのが結構前の話なもので。

聞いた内容で覚えているのは、窓から見える風景からして階層がぜんぜん違ったのと、音がしなかった(ラジオとかいじったらしい)くらいかな。

定期購入機能でオンラインショップの売上倍増
関連記事
スポンサーサイト

Tag:時空のおっさん

コメント - 0

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。